長崎五島列島 ヒラマサキャスティングTEST釣行 Status (OceanSprinter711RS TEST No1)

TOP製品のテスト/開発状況長崎五島列島 ヒラマサキャスティングTEST釣行 Status (OceanSprinter711RS TEST No1)

2019.11.23

2019年11月 
長崎の遊漁船 ステータスで2泊3日乗り合い釣行にて乗船させていただきました。

今回のメインテストは、
OceanSprinter711RS No1のガイド設定におけるライントラブル、ライン抜けそして操作性のチェックになります。
悪天候が予想されますので、風も強く、テストとしては抜群の環境となりそうです。

ご同行いただいた皆様の釣果も含めてご案内させていただきます。

下記はその時のハイライトです。動画は少なめですが18.5キロをキャッチされたお客様のバイトシーンから撮れております。是非ご覧ください。


初日昼から出船。

ポイントに着くといきなりシイラナブラ!
私も含め数名の方のルアーにバイトはあるものの、ヒットまでには至りませんでした。
夕方近くから天気が悪くなり、雨が降ると当時に風も強く吹き出しました。
海の様子は一変。鳥が舞い出しました。
一気に活性が上がり、至る所で捕食するヒラマサ!
ベイトはシイラ。

ご同行の方
RollingDive225にて連続ヒット!お見事です。


皆様、連続キャッチです!

10キロオーバー3本!!

そして、トモのOceanSprinter8110ご愛用の榎本様。
18.5キロをキャッチ!
RollingDive225にて
キャッチ誠にありがとうございます!


OceanSprinter8110について
この時はpe6号に約90グラムのダイビングペンシルをご使用されてました。
pe10号、250グラムまで対応するパワーロッドでありながら、pe6のテンションにも柔軟にも柔軟に対応し、引き抵抗のないダイビングペンシルも容易にアクションできるテーパーになります。
使用感はマイルドですが、掛けてバットまで曲げると素晴らしいパワーを実感できるモデルです。

私にも数回バイトがありましたが、うまく乗せる事が出来ませんでした。

初日が終了。
宇久島へ、いつもの藤倉さんへ

毎度ながらおいしい夕食になりました。皆様遠征釣行の楽しみの一つではないでしょうか。



2日目
予想通り結構な時化です。チャンスです。
朝のひと流しから、激しく出てきます。
全員にでますが、中々乗りません。
何かが違うんでしょうか?寸前で見切られているようです。

そんな中、貴重な一本をキャッチされました。


夕マズメ。
チャンスが到来しました。一気に騒がしくなってきました。
3~5キロまでをキャッチされました。
大きいのも出ていますが、また乗りません。
ベイトはシイラのようで、広範囲で水柱が立ちます。

釣り座ローテーションで、私がミヨシになりました。
テストロッド、そしてベイトが大きいともあり、HAMMERHEAD CHERRY BOY240を投げ続けていました。
1時方向にキャストし3ジャーク目。
大きい水しぶきが上がりました!乗らない・・そして2回目!乗りました!!
ドラグテンション12キロを一気に引き出します、途中ドラグを締め15キロほどに設定。
止まったところで、ロッドは立てずに巻けるだけ巻き、真下にヒラマサが来た時、口切れなどを防ぐためにロッドを水平に立て、ロッドベンドでヒラマサの首振りやセカンドランを耐えました。

落ち着いたところで、再び脇がかえにして、ドラグを緩め少しだけ角度を持たせたままポンピングはせずに巻き上げます。
ゆっくりと魚体は上がってきました。
朝長船長もデカイッ!と叫びます。
ネットイン間際に少しだけ暴れましたが、無事にネットイン。
朝長船長と抱き合って喜びました。
Statusでやっと20キロオーバーをキャッチすることができました。


実測24.5キロ


今回使用したロッドに関して。
開発中のOceanSprinter 711RS TEST No.1

高反発でシャープなGTモデル
軽快なキャストフィーリング、抜群の操作性とスピード感あるリフトパワーが特徴。

今回は
シイラがベイト
広範囲
シケ
とあり
よりアピールがある150gクラスのダイビングペンシルを正確により飛距離を伸ばし、まず掛ける事を第一に使用しました。
遊びがないぶんマニュアル要素が増え、ダイペンの操作には気を使う場面も多々あります。
潮風合わない時は特にです。
今回の様に強い入力が必要なダイビングペンシルとは相性が良いです。そして遠いところでのルアー操作が楽です。

ファイトに関して
腰を落とせないとキツイファイトになります。
GTゲームで腰を落とせる環境だと、素晴らしいリフトパワーを引き出せます。

ガイド設定に関しては、2タイプを準備。
以前よりテストを行っていますが、はっきりとしました。

ご乗船の皆様、船長ありがとうございました。

タックル
Stella18000H
YGK ODD 8
Prosele nanodax #50 210lb
HAMMERHEAD Cherryboy 240
DECOY SW BIG 7/0 barbless
偏光レンズcombex フレームSMITH



そして2日目が終了。

3日目は凪。
至る所にシイラナブラが出ます!すさまじい水柱が立ちます。まるでマグロのようです。
寒波が入り接岸したのか?サンマも追われていました。
いたちごっこが続く中、何度かバイトを得ることが出来た方もおりましたが、フックアップには至りませんでした。凪で見切られるのでしょうか?

関東のお客様達の飛行機の時間もせまり、お昼過ぎに納竿となりました。

一緒にご乗船いただいた方々の、使用ルアーや操作、フックシステム等色々と拝見させていただきました。
渋いときにバイトさせるルアーやアクションなど沢山勉強になりました。

今回お誘い頂いた方、皆様誠にありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。

協力 
遊漁船 Status
StatusにはTRUTH JAPAN OceanSprinter838を常備しております。
お使いになられたい方は前日までに朝長船長にお申し付けください。

小平商店

関連するプロダクト

OceanSprinter 8110

OceanSprinter 711 RS (2020年6月リリース)

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら