山口県沖 健洋丸 ヒラマサキャスティング/ジギング テスト釣行

TOP製品のテスト/開発状況山口県沖 健洋丸 ヒラマサキャスティング/ジギング テスト釣行

2019.12.30

いつもお世話になっているユーザー様のお誘いもあり、念願だった山口県 健洋丸さんにお世話になりました!

まだ真っ暗な朝6時に出船。
30分ほど走るとようやく空が明るくなってきました。


まずはキャスティング。
今日は南西の風が強く、沖の八里ヶ曽根や見島周辺には行けず近場になりました。
2週間ほど前は大型ヒラマサが連日キャッチされているだけあり期待も膨らみます。
大きな曽根周りを念入りに流していきます。水深70~駆け上がって20mといった感じです。
風も強く波っ気もありましたので、押しが強い引き抵抗のあるタイプを使用しましたが、反応がありません。
そこでナチュラルスイムタイプに変更。早速バイトがありました。その後も数匹のヒラマサのチェイスがありますが、バイトまで持って行けません。シンキングや色々と使ってみましたが反応はなく、またナチュラルスイム系に変更。流行巻きであまりポーズをとらずにアクションさせると少し型の良いヒラマサ2匹が船べりまでチェイス!しかしバイトまで持って行けませんでした。
今日は明らかにこのルアー、そしてこのアクションへの反応が多かった気がしました。
使用タックル
ロッド:OceanSprinter856
リール:19STELLA SW14000XG
ライン:YGK ODD #6
リーダー:SANLINE SYSTEM SHOCKLEADER #30
ルアー:Rolling Dive225

そんな中SUNLINEの松本さんにヒット!
小型でも価値ある一本です。お見事です!!
OceanSprinter856ご愛用ありがとうございます。

タックル
ロッド:OceanSprinter856
リール:SALTIGA5000
ライン:SUNLINE PROTO PE#6
リーダー:SUNLINE SYSTEMLEADER #30
ルアー:D-CLAW MARINO230 MAGNUM




これが最後でジギングのポイントへ移動。
水深50m~40mのなだらかな駆け上がり。
一回目のポイントは、ジグがうまく泳いでいない感じでした。
次のポイントでは、ジグの重みもあり良い感じ、着底後の2ジャークでヒット!
そして隣の松本さんにもヒット!ダブルヒットです!!

タックル
ロッド:Jig 6ftClass hiramasa Model
リール:SLTIGA5500H 
ライン:YGK ODD #4
リーダー:FC#20
ジグ:WAILDGAMBLER SL200g
フック:SARASI ASSIST HOOK


次は70m付近でのジギング。コンスタントにバイトを得ることが出来、小型のヒラマサとヤズを数本キャッチできました。
色々とジグを変更しましたが、今回のヒットはこのジグでした。
様々なアクションを織り交ぜながら、ヒットに繋がりました。

最後に港の前でルアーが見えなくなるまでキャスティングを行いましたが、船中ノーバイトで納竿。
今回はベイトの姿やボイルもなく、魚はいますが水面への活性が少々悪い日だったようです。
何かでスイッチが入るのでしょうが、最後まで掴めずに納竿を迎えました。






左から今回お誘いいただいたSUNLINEの松本さん、TRUTH JAPANユーザーの西本さん、気さくな健洋丸の松岡船長、そして私。

乗合ご乗船の皆様、船長ありがとうございました。
夢のあるフィールドとまた乗船したくなる健洋丸さん。また必ずリベンジいたします。


今回使用ロッド
押しの強いアピール系のルアー操作時に使用 PE8号タックル
ロッド:OceanSprinter GT711RS TEST No1
リール:STELLA SW18000H
ライン:YGK ODD#8
リーダー:SANLINE SYSTEM SHOCKLEADER #40
ルアー:HAMMERHEAD CHERRY BOY240 / HAMMERHEAD CHERRY BOY240 Single Hook Model / 菊池バブルスイマー等

PE8号タックル
ロッド:WhiteInsight8010 PROTO
リール:SALTIGA6500H
ライン:YGK ODD#8
リーダー:SANLINE SYSTEM SHOCKLEADER #40
ルアー: Fish Trippers Village Libertango220 / Native-Works sinking Model

PE6号タックル
ロッド:OceanSprinter856
リール:19STELLA SW14000XG
ライン:YGK ODD #6
リーダー:SANLINE SYSTEM SHOCKLEADER #30
ルアー:Rolling Dive225 / Fish Trippers Village Tanguera 190

ジギングタックル
ロッド:Jig 6ftClass hiramasa Model
リール:SLTIGA5500H
ライン:YGK ODD #4
リーダー:FC#20
ジグ:WAILDGAMBLER SL200g・170g / おにぎりジグ180g / SwimLider200g 
フック:SARASI ASSIST HOOK


ジギングモデルに関しては、テストが始まったばかりです。
私達が通う玄界灘や五島列島のヒラマサ・ブリを相手に使えるロッドに仕上げていきます。
現在2タイプ、レングスも違えば調子も違います。その時の魚種や活性に応じて使い分けができます。
今回使用したモデルは早速改良を行うことになりました。操作時に若干違和感を感じました。
もう一モデルは、今のところ改良へは進んでいません。
どちらも2020年1月より様々な状況とジグで使い込んでいきたいと思います。

関連するプロダクト

OceanSprinter 856

OceanSprinter 711 RS

非公開: 6ft半 ブリジギングモデル

非公開: 6ft前半 ヒラマサジギングモデル

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら