Jiging Spning Model (ヒラマサ・ブリ)

TOP製品のテスト/開発状況Jiging Spning Model (ヒラマサ・ブリ)

2020.05.09

2019年冬より、ジギングのスピニングモデル2機種のテスト開発を行っております。

開発コンセプトは、
私達が通う玄界灘、五島列島でのヒラマサ、ブリをターゲットに、状況によって変わるヒットアクションや魚種に応じてそれぞれテーパーが異なるスピニングモデル。
まずは、ジグアクション、魚種、好みに応じて、オールシーズン扱いやすい2機種の開発になります。

Type F
ジグへの運動伝達が良く、飛ばしたい時、細かな動きを伝えたい時、また漁礁に着くヒラマサ狙いに適します。
スペック
PE:~4
JIG:150~250g(目安で範囲外でも可能です。その時の水深、状況に応じてベストなウエイトを選択。)

Type RS
ジグへの運動伝達を抑え、初動を抑えナチュラルに動かしたい時に適します。
スペック
PE:~3
JIG:120~250g(目安で範囲外でも可能です。その時の水深、状況に応じてベストなウエイトを選択。)

テスト釣行の一部をご案内させていただきます。

2019年11月

Type F-No.1にて
ブランクが上がり急いで組み上げ、初めての使用になります。
数本のヒラゴをキャッチしましたが、シャクリ感、ファイトともにバランスが非常に悪く、一回使用後すぐに改良を行いました。
水深70m前後 ドテラ流し

使用タックル
Rod : Type F-No.1
Reei : SALTIGA 5500H
Line : PE4
Leader : FC#20
Jig : WG DYNA SL 200g / skill Ganma 220g / NatureBoys SwimRider 200g
Hook : SARASI original




今回は、SUNLINEの松本様のご紹介で、山口県の遊漁船健洋丸さんにお世話になりました。

2019年12月
早速 Type F-No.1 の No2 があがり実釣。
福岡博多の遊漁船さんで数度お世話になりました。 
水深70~100m ドテラ流し

Tackle
Rod : Type F-No.2
Reei : SALTIGA 5500H
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : WG DYNA SL 200g / skill Ganma 220g
Hook : SARASI original




No.1と比較するとブレがない操作感とファイト時の安定感は格段に改善されました。

その後、
Type F-No.2 と Type RS-No.1の2本を優の吉村船長に預け、実釣でのデーター収集を行っていただきました。
水深70~100m ドテラ流し

Tackle
Reel : SHIMANO TP8000PG
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : WG Proto200g / BLUEBLUE ESSNAL 230g
Hook : SARASI original

Type F-No.2にて

Type RS-No.1にて

2月
優さんでの壱岐泊遠征にて数人の方にご使用いただきました。

Type F-No.2にて
水深70~100m ドテラ流し

Tackle
Rod : Type F-No.2
Reel : STELLA 8000PG
Line : PE3
Leader : FC#18
Jig : MC Works GUTTER JIG 150g




協力:ANGLERS GARAGE

同じく、Type F-No.2にて
Tackle
Rod : Type F-No.2
Reei : SALTIGA 5500H
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : WG DYNA SL 200g
Hook : SARASI original



協力:EARTH FIELD FISHING

同じく、Type F-No.2 にて
Tackle
Rod : Type F-No.2
Reei : SALTIGA 5500H
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : NatureBoys SwimRider200g 
Hook : SARASI original

こちらは、Type RS-No.1(初動を抑えるモデル)にて

吉村船長
Reel : SHIMANO TP8000PG
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : BLUEBLUE ESSNAL 230g
Hook : SARASI original

何度も隣でさせて頂いていますが、その時のヒットパターンをいち早く読み、多くの魚を掛けます!!

同じくType RS-No.1(初動を抑えるモデル)にて

Reei : SALTIGA 5500H
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : Skill Ganma 220g
Hook : SARASI original


同タックルにて

同じくType RS-No.1(初動を抑えるモデル)にて

Reei : SALTIGA 5500H
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : TACKLE HOUSE Tsuno 190g
Hook : SARASI original


協力:EARTH FIELD FISHING

3月
優にご乗船されたお客様、吉村船長指導の元ご試用いただきました。
水深70~100m ドテラ流し

Type F-No.2 にて

Tackle(吉村船長タックル)
Reel : SHIMANO TP8000PG
Line : PE4
Leader : FC#18
Jig : WG Proto200g / BLUEBLUE ESSNAL 230g
Hook : SARASI original


吉村船長からの報告もありますので、後程ご案内いたします。

この様な実釣を終え、更なる改良に入っております。

●Type F-No.2 
よりジグの操作を行いやすいようにブランク変更。バットパワーは魚とのファイトに関して問題はありません。
すでにNo.3へ移行、すでにProto完成。

●Type RS-No.1
Fモデルとのはっきりとした区別をつけるために変更。
No.2へ移行、現在組み上げ中。

この2モデルは、私達が必要とするスピニングモデルになります。
今後この2モデルを軸に、必要を感じればラインナップを広げていきたいと思います。

関連するプロダクト

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら