SeaBass Spinning 89SM Proto No.1 (Type1)(河川シーバス)

TOP製品のテスト / 開発状況 / スタッフ釣行SeaBass Spinning 89SM Proto No.1 (Type1)(河川シーバス)

2021.03.28

2020年秋にリリースしました「Permission97SMH」。
テスト開発段階では様々なフィールドに通い、シーバスをメインに同じフィールドで遭遇する青物、真鯛などとのファイトも重ねてきました。
下記の「97SMH」の開発模様にも記載しておりますように、中規模河川でのウエーディングや、小場所、港湾部でも多くの実釣を重ねた結果、レングス、リアグリップを長く感じ、またオーバーパワーであることを実感。
SeaBass Spinning Proto No.2 Permission97SMH テスト釣行 | TRUTH JAPAN

2020年8月半ばに新規試作ブランクが立ち上がりました。
レングスは、取り回しを考慮した8ft9inch、パワーは M class。
小型ルアーのキャストと操作性の向上、持ち重り感の更なる軽減を目指します。

今回は、この「89SM」から開発に協力いただけるようになった熊本の段本氏のリバーシーバス釣行の模様をご案内いたします。

今回は、TyupeNo.1を使用。(No.2とはガイド設定とグリップ仕様が若干違います。)

2021年1月下旬 某河川にて

段本氏コメント。
今回はイグジストLT4000で、トラブルなく楽しめました。
ラッキーなことに90ジャストをキャッチできました。

ロッドが短くなった分軽く操作性が良く、短いからといって飛距離が落ちる感じもみられませんでした。

リバーシーバスにもバッチリなサイズと思います。
 
リール等付け替えてまた色々な場所で投げてみたいと思います。
 
タックルデータ 
ロッド:トゥルースジャパン permission89M
リール:ダイワ イグジスト LT 4000CXH
ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー X4  1.2号 200m
リーダー:バリバス フロロカーボン 30lb
ルアー:ダイワ リアルスティール 14

ダイワ ガルバスリム 110S

別の日、50㎝クラスを5本キャッチ。

3月中旬 某河川にて

段本氏コメント。
今回は、カルディナLT3000CXHを使用してみました。
トラブルはありませんでした。

短時間での釣行。
良型はでませんでしたが、数が釣れました。
川もいい感じなので、次回に期待します。
 
タックルデータ
ロッド:トゥルースジャパン permission89SM
リール:ダイワ カルディア LT  3000CXH
ライン:ダイワ モアザンデュラセンサー X8  1号 200m
リーダー:バリバス フロロカーボン 25lb
スナップ:ネイチャーボーイズ 鉄腕スーパーSUSスナップ ラウンドタイプ #0
ルアー:ダイワ クロスカウンター97F

メガバス トラビス57 

3月下旬 某河川にて

段本氏コメント。

少しだけ川にいってきました。️
雨後で濁りが入っておりユルい潮回りですが雨の恩恵で流れもきいてくれていい雰囲気の中、釣れてくれたシーバスは81センチ。
コノシロを吐き出しました。
 
タックルデータ
ロッド:トゥルースジャパン permission89SM
リール:ダイワ カルディア LT  3000CXH
ライン:ダイワ モアザンデュラセンサー X8  1号 200m
リーダー:バリバス フロロカーボン 25lb
スナップ:ネイチャーボーイズ 鉄腕スーパーSUSスナップ ラウンドタイプ #0
ルアー:ダイワ クロスカウンター97F

ダイワ ガルバ87

89、ウエーディングの釣りにちょうど良いです。
今まで長い竿=飛距離が出るって感覚でしたが、変わらない程飛んでるので不思議な感覚です。
今のところストレスなく、行えています。

以上、段本氏の河川でのレポートになります。

数名の協力者の元、様々なリール、ライン、タックル、そしてそれぞれのキャストの癖、その中極力トラブルが出ないような設定を見出していきます。

ほぼ、完成形と言ってよいほどの仕上がりになっており、今すぐにでもリリースしてよいほどですが、まだまだ実釣を重ねていきます。

関連するプロダクト

Permission 89SM (シーバススピニングモデル 2021年11月下旬リリース)

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら