GT Model OceanSprinter 75/10 (Proto No.1 / No.2) 2021年種子島すみ丸GT Vol.6

TOP製品のテスト / 開発状況 / スタッフ釣行GT Model OceanSprinter 75/10 (Proto No.1 / No.2) 2021年種子島すみ丸GT Vol.6

2022.01.29

開発コンセプトは、Vol.1の冒頭をご覧ください。
GT Model OceanSprinter 75/10 (Proto No.1 / No.2) 2021年種子島すみ丸GT Vol.1 | TRUTH JAPAN

12月上旬すみ丸
水温が低下する12月。
この時期は、数は出ないが、出れば大型が出る!
そんな話を、豊生丸 岩本船長より聞いていました。
今回は、TRUTH JAPAN ユーザー様に無理なお声掛けをし、どうにかお付き合いいただきました。

風潮が合うジアイに、一級ポイントへ。
水温は21度、まだまだいけそうですが、ベイトや鳥もいない状態。
少し海の濁りが気になるところでした。

沖の曽根周り。
綺麗な水質で、ベイトの反応もポツポツ。
メンバーお二人に、チェイス、そしてバイトがあるが、食いが浅いのか?なかなかフックアップに至らず。

次の日、同じ曽根周りへ。
メンバーに大きなバイトがあり、期待が膨らみます。

そして、私のルアーに激しくバイト!
Proto No.1にて

大きなバショウカジキでした。

ロッドを曲げることはありませんが、操作性等はみれました。
ルアーでフッキングに持ち込めたことは、大変うれしいこととなりました。

島に持ち帰り、お世話になったすみ丸押川船長、港の皆様、居酒屋へ。皆さんでおいしく食させていただきました。


その後も期待できましたが、反応を得ることはできませんでした。

2021年のGTは最後になりました。

押川船長、
お付き合いいただいたユーザー様、誠にありがとうございました。

翌日は、ずっと気になっていた種子島のヒラスズキへ。
明日からhageツアーに参加される遠藤様にもお付き合いいただきました。

何か所もエントリー。どこも抜群のサラシです。
やっとヒットしたのは、10㎏程のGT!浅い瀬の上を平を打ちながら横走りし、ブレイクにかかると一気に潜られました。
2号のラインをほとんど出されブレイク。



やっと、このサラシでヒラスズキに遭遇。
ショートバイトで終了。

翌日はいつもお世話になっている「ダイニング稜」のオーナーさんに地元のポイントをご案内いただきました。
先行の方が、5・6㎏程のトレバリーをキャッチされていました。

後日、稜のオーナーさんも見事にキャッチされていました。


またリベンジさせていただきます。

島の皆様、いつもありがとうございます。

関連するプロダクト

OceanSprinter 7510 (2023年リリース予定)

Black Addiction 1011  

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら