OceanSprinter 856

キャスト・操作の「軽快さ」と掛けてからの「粘り」の両立。

PE5/6を使用したヒラマサキャスティング、40キロクラスまでのキハダマグロキャスティングに抜群の使いやすさです。

シリーズ中最もシャープさを持たせ、開発スタッフがヒラマサ/キハダマグロのキャスティングゲームで最も多用しているモデルです。

OceanSprinter シリーズに共に共通して言える開発コンセプトは、魚の取りやすさと竿本来のリフトパワーを一番に考えております。
大型魚との出会いは突然やってきます。
高負荷でも止めることが出来ない程の力強い走り。
その大型魚をキャッチするためには、「粘り」と「素直なベンドカーブ」が必要だと考えます。時化や激流シャロー域ではなおさらです。負荷がかかるにつれ素直なベンドカーブを描き、魚に対し急激なテンションの変化を与えないように設計しております。このようにすることでアングラーに対しても負荷の変動が少なくなり、終始安定したプレッシャーを魚にかけ続ける事ができます。またこれらを実現したことによりキャストに関しても素晴らしい性能を得ることができ、小型から大型のルアーまで体の負担を驚くほど軽減することが可能になりました。


推奨リール:STELLA 14000XG / SALTIGA5500
推奨ライン : PE5~6 (適正ドラグ負荷~11 ㎏)
推奨使用ルアー:30g~130g (100g まではしっかりと振り切れます。130g 近いルアーは
ロッドに乗せるようにしてキャストを行うと、より楽に快適にキャスト可能です)

長崎五島列島・北部九州のヒラマサキャスティング、三重県沖のキハダマグロ誘い出しでのテストを行いました。
イワシパターンからシイラパターンまで一本で対応できるモデルです。

838/8110と モデルと比べると体への負荷も少なくなりますので、「粘り」を持たせながらもより「シャープ」なフィーリングに仕上げておりますので、長時間またはアゲンストでのキャストでもより軽快に風を切りキャストを行えます。(~100g)
40 キロまでのキハダマグロの誘い出しのゲームにもかなり重宝するモデルです。

*ファイトポジションに関して
ローポジションのギンバルベルトの使用はお勧めできません。
PE6号使用で10分ほどの短時間で勝負がつくときは、ギンバルベルトの使用が必要ないモデルです。(40㎏以上のマグロ等、長時間ファイトが必要な際はご使用ください。)
ファイトの際も立てすぎるのではなく、バット部分に負荷をかける角度を保持すると、ブランクが持つリフトパワーを引き出すことができます。
寝かせると体への負担は大きくなりますが、魚へのプレッシャーも高まります。ファイト時間と魚の大きさ様々な要因もございますので、状況に応じてご対応ください。
(ロッドエンドをギンバルベルトに固定するときにバレが発生する可能性があります。またロッドエンドを固定することで魚の急な動きへの対応が鈍るときがあります。)

製品画像

特徴

仕様詳細 
ロッド自重:340g(#1:133g #2:207g)
*最終Proto自重 2020年4月末まで間違った数値(重い表示)になっておりました。

塗装仕様 ロゴ部分:ブラック   
     バットガイドまで:ブラッククリアー
     その上までのガイド間:クリアー
     そのほか:アンサンド仕様

     *OceanSprinter シリーズは、同仕様

グリップ寸法 上記画像をご参照ください。
その他
ガイド T-MNST12/T-KWSG12×2/T-KWSG16/T-KWSG20/PMNSG25/PMNSG40

チタンフレームとステンフレームのコンビになります。
大きな負荷がかからないセクションは、チタンガイドを使用し、よりシャープな性能を発揮するようにアンダーラッピングを排除。
バットセクションの負荷がかかるセクションは、ステンガイドを使用し、アンダーラッピングを施しました。

より軽快にシャープに、そしてより安心できる仕様となっております。

MOVIE

スペック

全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量 ラインナイロン(lb) ラインPE(号)
8ft5inch グリップジョイント 193 340 2.2mm / 19mm 30~120g MAX150g PE5~6
全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g)
8ft5inch グリップジョイント 193 340
先径/元径(mm) ルアー重量 ラインナイロン(lb) ラインPE(号)
2.2mm / 19mm 30~120g MAX150g PE5~6
メーカー希望価格
¥84.700

こちらの商品のお客様からのレポート

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら