WhiteInsight 8010 

TRUTH JAPAN TUNAモデル  パワーを持たせた誘い出しスペシャル

TUNAロッドでありながらも、頻繁な誘い出しによるキャストにも疲れない軽快さと操作性を求めました。

TRUTH JAPAN TUNA Model  

WhiteInsight(ホワイトインサイト)8010 

Length:8ft
Weight : 385g TEST No2
Pe : 8~10
Lure : 50~200g
Guide : PMNST16~PMNSG40

適合リール S社14000 18000 D社 5500 6000 7500

*リアグリップはOceanSprinter838/8110に比べると20mmほどリアを長く設定しており、マグロとの長時間ファイトに特化したスタイルベルトにも対応できる仕様となっております。リールフットセンターよりエンドまで約505mmです。


推奨サイズ キハダマグロ~100㎏
      (青森竜飛など潮流が速い場所や100㎏クラスのクロマグロには対応しておりません。今後専用モデルを開発いたします。)

キハダマグロ 各対応モデル (目安)
~30キロ OceanSprinter844 / 856 WhiteInsight828
~50キロ OceanSprinter856 / 838 / 8110 WhiteInsight828 / 8010
50キロ~ WhiteInsight828 / 8010 / 7210 
   (WI828 が OS838 より強いという事ではなく、ファイト時間の長時間化とドラグテンションとのバランスによる目安です)


開発コンセプト(PE10とPE8対応の2モデル)

キハダマグロゲームではナブラ打ちだけではなく、ブラインドキャスト、誘い出しによるヒットも多々あります。(クロマグロゲームも誘い出しが確立されつつあります。)
調子はTUNAロッドでありながらも、頻繁な誘い出しによるキャストにも疲れない軽快さと操作性を求めました。もちろんセレクティブな捕食に対しての小型ルアーから大型ルアーまでキャスト・操作できる汎用性も持たせております。
ファイト時にはマグロの走りを柔軟に受け止めながらも、あと数十メートルのところで弧を描き攻防するマグロに対しても、しっかりリフトできるようなパワーを持たせ、直下のファイトでもロッドを立て耐えしのげるロッド破断強度も備えております。


#8モデルのTEST No1は非常に完成度が高く仕上がっており、ガイド設定をメインに他改良点がないか?実釣を繰り返してきましたが、ついにリリースを迎えました。(2019年春リリース)


#10モデル、No1はバットパワーが少々足りなかったためNo2へ。

2019年夏、海外遠征にて多本数のキハダマグロとのファイトを終え、No,2ブランクに納得できました。また気になっていたガイド・グリップ設定は次のトカラ列島遠征で満足が行く設定が出ました。
2018年夏のテスト開始時よりヒラマサ・GT・サメ等を相手にテストを繰り返してまいりましたが、やっと完成を迎える事ができました。

低弾性のカーボンが主な材料になりますが比較的軽く仕上げております。

OceanSprinte838 / 8110 と比較するとキャストは当然ながら若干マイルドになりますが、リリースポイントを遅らせ、バットにしっかり乗せてキャストするとことで飛距離はほぼ変わりません。
とにかくペンシルの操作性は抜群です、これほどまで変わるとは思っておりませんでした。
魚の動き走りを良く吸収しますので、船べりで強烈な突込みを見せる大型ヒラマサにも楽に対応可能です。
小型ルアーはもちろん、200g近いルアーのキャストもバットに乗せることでとても楽にキャストが可能です。
大型ヒラマサ・GT全般とペンシルの操作に適した汎用性が高いモデルになります。

WhiteInsaight828 のパワーでは物足りない方、よりスピーディーでパワーのある展開を求める方、マグロとのファイトに慣れている方、マグロモデルでもシャープなキャストフィーリングがお好みの方にお勧めいたします。
GTゲームにも十分に対応いたします。ペンシルを多用される方、直下のファイトの際立て気味(高角度)にホールドされる方、マイルドな使用感がお好みの方にはお勧めできます。潮流がすごく早く浅いところでのファイトにも活躍しそうです。

画像はテスト釣果の一部になります。様々なフィールドと魚種とのファイトを重ねた結果、自信をもってお勧めできるモデルとなっております。

画像はすべて8010 TEST No.2のテスト模様です。

*商品説明にもございますようにリアグリップは若干長めに設定しております。
ファイトスタイル、ご体格により長さが気になる方は、性能を損なわないことを前提にカット(リアエンドよりカット)することも可能ですので、お気軽にご相談ください。
(HPのCONTACT、もしくはお取引店スタッフ様へ)


注意:OceanSprinterシリーズと比べ破断強度に強いカーボン材料を使用した構成になっていますが、やはり誤った扱いをするとロッドは破損に至ります。特にランディング間近に起こりやすいマグロが大きく旋回し船下に入った場合は、ロッドを立て続けるのではなく、ロッドエンドをベルトから抜き、脇がかえなどを行い対応してください。

WhiteInsight828は、竜飛など過酷なフィールドでのご使用はお勧めしておりません。小型がいる中でも大型がヒットする場合もありますので誘い出しではせめてWhiteInsight8010からご使用いただきたいと思います。また明らかに100㎏が目視できるときは、WhiteInsight7210もしくは現在開発中のショートレングスモデルをご使用ください。
想像を絶するファイトを覚悟し、ハードタックルで挑んでいただければと思います。

ギンバルベルトに関して
テストでは、ソウルズ社のものを使用しております。
他MCワークス社のTT BELTも使用いたします。その場合は、SANSUIオリジナルのスーパーウレタン・バックセーバーベルトSW(腰ベルト)との組み合わせで、腰からのぶら下げ式に変更し使用しております。
いずれにしても丈夫で信頼性のあるギンバルベルトをご使用ください。

製品画像

特徴

ガイド仕様
ガイド:オールステンレス  PMNST16/PMNSG16×2個/PMNSG20/PMNSG25/PMNSG30/PMNSG40

TUNAモデルの為、長時間ファイトが想定されます。
その連続して与えられる負荷、衝撃にも耐えるために、ステンレスガイドを使用しております。


オールダブルラッピングになりますが、ティップセクションは軽量化を図るためガイド足先だけ施しております。

グリップ仕様
EVAは全体的に細身の仕様となっております。
硬度と精度が高いEVAを使用することで、可能にしました。

シート:DPS20LD UP

グリップ:EVA 寸法は上記画像をご参照ください。

*リアグリップはOceanSprinter838/8110に比べると20mmほどリアを長く設定しており、マグロとの長時間ファイトに特化したスタイルベルトにも対応できる仕様となっております。リールフットセンターよりエンドまで約505mmです。

WhiteInsight828同様

MOVIE

スペック

全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量 ラインナイロン(lb) ラインPE(号)
8ft グリップジョイント 1705㎝ 385g 3.0mm / 17.5mm 50g~200g 8~10
全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g)
8ft グリップジョイント 1705㎝ 385g
先径/元径(mm) ルアー重量 ラインナイロン(lb) ラインPE(号)
3.0mm / 17.5mm 50g~200g 8~10
メーカー希望価格
¥86.900

CUSTOMER’S REPORT FORM

TRUTH JAPAN製品をご利用になった方の釣果を募集しております。

応募はこちら